きづっきー for 介護

職場の風土を分析し
定着率の改善につなげる
診断ツール

女の子
介護福祉士と車椅子の女性
介護福祉士の男女

What's
きづっきー?

きづっきーは、KIBI理論と交流分析のストローク理論を
独自に組み合わせた診断で職員のタイプを把握します。

その結果をもとに組織学習を行うことによって
ご機嫌に働ける職場づくりを目指す、
これまでになかった定着率向上ソリューションです。

かんたん3ステップ

  1. 診断する

  2. 矢印

  3. 分析する

  4. 矢印

  5. 習得する

  1. STEP1

    診断する

    吹き出し

    課題に
    気づく

    診断する

    実際の介護現場に「よくある」シーンを30問設定。自分が取るであろう行動を3択の中から選んでいきます。診断結果はコミュニケーションタイプ別に18種の家電キャラクターへと分類されるので、楽しみながら主体的に取り組んで頂けます。

  2. STEP2

    分析する

    吹き出し

    課題を
    把握

    分析する

    個人と組織のコミュニケーションタイプ、総合的な機微力を測定し、個人と組織の学ぶべきこと、目指すべき姿の見える化を行います。

  3. STEP3

    習得する

    吹き出し

    課題に
    取組む

    習得する

    テキストとグループワークを組み合わせた集団学習用教材をご用意しています。オプションとして、人材を派遣して学習会を開催することも可能です。

きづっきーが
変える未来

きづっきーを通して、
職場環境に変化をもたらします。

  • マネジメントに活かす

    マネジメントに
    活かす

  • チームワーク向上 働きやすい職場へ

    チームワーク向上
    働きやすい職場へ

  • 利用者の満足度向上

    利用者の
    満足度向上

監修

電球

あなたの職場環境に
新たな気づきを

資料ダウンロードは
こちらから