「KIBI Open Matching Challenge in Hachioji 2018」開催レポート
2018年10月12日
0

2018年10月6日・7日の2日間にわたり、東京工科大学:八王子キャンパスで「KIBI Open Matching Challenge in Hachioji 2018」を開催しました。

【10月6日午前の部】
東京工科大学:大原先生に、午前と午後の2回にわたり講演を行って頂きました。1回目は、留学生の皆さんへ向けた「日本の就職の概要や新卒採用のスケジュール」「他己紹介」についてのレクチャー・留学生の皆さんによる実践を行っていただきました。他己紹介では、自分が面接官の立場に立って相手の話を聞くことで、面接に向けて新たな気付きがあったようです。午後行われた2回目の講演で行われたのは、実際に就職活動で留学生の皆さんが苦手とする、”グループワーク”です。それぞれ役割を決めて、企業が留学生に期待することを考えてみるというテーマでした。大原先生がつくられる和やかな雰囲気も手伝って、段々と学生さん達も緊張がほぐれ、活発な議論が交わされていました。それぞれの役割を全うするのは大変な部分もあったようですが、全員参加できちんと考えをまとめ発表・さらには質問と、一連の流れを実践できたので、学生さん達にとっても貴重な経験だったように思います。大原先生、どうもありがとうございました。



その後、昨年のプログラムに参加いただいた2名の留学生+現在KIBIでインターン生として活躍頂いている学生さん1名が、KIBI力を身に付けることで「何が変わって、役に立ったのか」自己紹介をしながらお話して頂きました。

【10月6日午後の部①】

午後の部は、KIBI力を体感する・実践することを目的に実際に起こりうるシチュエーションを設定し、学生の皆さんでロールプレイングを行いました。1回目はKIBI力なしの対応、2回目はKIBI力ありの対応、と分けて行ったところ、2回目のKIBI力ありのターンでは、皆さん大変素晴らしい対応をされていらっしゃいました。台本なしで自分で言動を考えて演技するため、各チーム、十人十色で様々な角度からKIBI力を発揮して頂きました。株式会社アサツー ディ・ケイ加藤様からの講評も各チームごとに良かったポイントをあげて頂き、学生の皆さんにとっても学びの多い時間になったように思います。

【10月7日午後の部②】
株式会社アサツー ディ・ケイ加藤様より、昨年に引き続きまして「採用と異文化」と題してご講演いただきました。日本の企業が留学生を採用する目的は?と、本質に迫る講演の内容で、実際に採用現場を日々目の当たりにしている私どもに取っても本当に共感でき、また、忘れてはいけない非常に重要な部分をわかりやすく解説頂きました。「ただ単に、日本に住みたいから…」悪い理由ではありませんが、企業のニーズに沿わなければ採用されることはありません。学生もきちんと企業のことを知り、企業にとってのプラスを生み出せる人材でなければなりません。ともすれば、企業に迎合して自分のパーソナリティを消せばいいのか?と誤解されがちですが、そうではなく、お互いの違いを知り、認め、歩み寄れるところを探るというフラットな関係を築くことが必要です。これは学生だけではなく、企業側も心に刻むべき、大切な部分だと感じました。聴講者としてご来場された方からも、大変好評を頂いた素晴らしい講演でした。加藤様、ありがとうございました。


【10月7日】
2日目となる10月7日は、4社のIT関連企業様にご来場頂き、約10名の留学生とのマッチングがおこなわれました。最初は学生が前日のKIBI力実践や、大原先生・加藤様の講演を踏まえて、1分間の自己PRを行いました。その後企業様に10分間で会社説明をして頂きましたが、製品の説明や会社の沿革、会社がどのようなことを実現したいか、など、詳しくお話頂き、学生の皆さんはとても熱心に聞き入っていらっしゃいました。その後休憩をはさんでフリーマッチングの時間を取らせて頂きました。学生の皆さんは、1日目と比べるとやはりだいぶ緊張されていましたが、企業様がとてもフランクにお話くださり、だんだんと笑顔でお話される場が増えてきました。今年は学生が10名という少数だったため、よりお一人お一人とお話できる時間を長く設けることができたのですが、それもあってか、企業様からは、「皆さんは、母国から遠く日本に来ている。それだけでもとても勇気が必要なこと。もっと貪欲に、アピールしていいんですよ。」「ビジョンを持って、それを実現しにいきしょう!」と胸をうたれるあついメッセージを頂きました。留学生の皆さんにとっては、背中を押されたような、未来に思いを馳せるきっかけだったように思います。「会社と話す機会がないので、とても良い経験だった」「前日のロールプレイングが活かせた」「日本の就職活動は難しいので、勉強できてとてもありがたい」など、感想を頂きました。

10/6・10/7の2日間、東京工科大学:八王子キャンパスへと企業様・留学生の皆様にお越しいただき、密度の濃い充実したプログラムとなりましたこと、心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。(長岡)